婚約指輪をつけられない仕事の人には

婚約指輪をつけられない仕事の人には 交際を実らせて晴れて婚約した暁には、多くの男性から未来の妻へのプレゼントとして婚約指輪が贈られることでしょう。
ただ、女性側の仕事によっては、せっかく頂いた婚約指輪をつけられない場合も出てきます。そういうときはどうすればいいでしょう。
まずは、2つの場合に分けて考えなければいけません。「結婚することを表に出せない」のか「指輪自体がつけられない」のかです。
前者の場合であれば、あからさまに婚約指輪とわかるデザインを選ばなければいいでしょう。昔のダイヤ立爪リングのようにあからさまなものではない、もっと日常に溶け込んだデザインも現在ではたくさんあります。あまり価格等に拘らず、「これなら目立たずつけられそう」というものをふたりで選ぶといいですね。
そして後者の場合は、やむを得ないので仕事中は指輪を外すしかありません。ただ、それを見越して指輪の地金と同じ素材のチェーンをあわせて購入すれば、目立たないよう首からかけて肌身離さず持っておくことは可能でしょう。
また、もし贈る側・贈られる側とも指輪という形に拘りがないのであれば、いっそ初めからペンダントや時計など他の形で身に着けられるものにしてしまうのがいいかもしれませんね。
ふつうは男女どちらにとっても、一生一度り贈り物です。納得のいくものを用意して、末永く大切にしたいですね。

婚約指輪はどっちの手にはめる?

結婚指輪を左手の薬指にはめるのは皆さんご存知ですが、婚約指輪の場合は「どっちの手にはめる?どの指に?」という点に疑問を持ちながらも、何となく左手の薬指にはめている人が多いです。
じつは決められた正解はありません。基本的には好きな指に付けていい物であり、本人の自由なのです。
そもそも結婚指輪の場合は、西洋では左手に「服従・信頼」という意味があり、古代ギリシャ神話では薬指には特別な血管が通っていて心臓と直接繋がっているので神聖な指として広まったので、婚約指輪の場合も、結婚への誓いと愛情を表現する意味でも、もちろん同様でも構わないのです。
最近は、もともと婚約指輪と結婚指輪とを重ねて付けられるようにあらかじめデザインされた「セットリングというものの人気がどんどん上昇しており、品揃えも豊富になってきています。
これなら1本で付けたり2本重ね付けしたりと、3パターンの付け方は楽しめるので人気です。
婚約指輪は左右どちらに付けるのも自由ですし、重ね付けしたりとバリエーションも楽しむこともできます。