婚約指輪はやっぱり「ソリティア」が定番?!

婚約指輪はやっぱり「ソリティア」が定番?! 婚約指輪と聞いて誰もが思い浮かべるのがソリティアというデザインのダイヤモンドリングではないでしょうか。
「単独」という意味を持つフランス語「ソリテール」から来たこの指輪の特徴は一粒のダイヤモンドだけをリングの真ん中に付けたシンプルなもの。
ダイヤモンドの美しさを最も引き立てるデザインと言われ、ダイヤモンドの大きさや質がそのまま影響してきます。
宝石のカラットが大きくなればゴージャスに、小ぶりであっても上品で繊細な印象です。
婚約指輪としては0.3カラットから1カラットまで、0.5カラットが最も人気があり、そのデザインの特徴からダイヤモンドの質を決定づける4Cにこだわる人に選ばれています。
大きさだけがダイヤモンドの全てではありませんが、大きな一粒ダイヤの婚約指輪はうっとりとする美しさで、女性の憧れと言っても過言ではありません。
婚約指輪の定番として不動の人気を誇るソリティアは、年齢を問わずどんな人にも魅力的なリングと言えます。

「メレ」の婚約指輪が華やかで綺麗!

婚約指輪と言えば一粒ダイヤのソリティアリングが定番ですが、最近人気上昇しているデザインがメレです。
メレとはセンターのジュエリーの周りにメレダイヤと言われる小さなダイヤモンドを組み合わせたリングで、メインのダイヤモンドをぐるっと囲んだデザインや、左右に並べたデザインなどその数や配置の方法によって様々な表情を見せてくれます。
ブランドによって、工夫が凝らされたデザインが豊富にあり、花のようにかわいらしく若々しいイメージやスタイリッシュ、豪華で煌びやかな印象など、自分好みの婚約指輪を選ぶことも可能です。
複数のダイヤがキラキラと輝き、センターストーンの美しさをさらに引き立てるとともに、ボリュームも出るので、センターストーンの大きさを抑えめにしてもリッチに見えます。
デザインによっては指をほっそりと見せる効果もありますので、指が太いのが悩みという女性にもぴったり。
個性的でオリジナリティのあるデザインを楽しみたいというひとにおすすめです。