婚約指輪ってどんなもの?

婚約指輪ってどんなもの? 婚約指輪がどんなものなのか、簡単に言うと婚約という約束を形にする指輪で、男性が女性に贈るものです。
婚約指輪は、古代ローマ時代に、約束の履行を誓約する印として使われていた鉄の輪を、婚約の際にも使われるようになったのが始まりだといわれています。
薬指にはめる理由は、心臓につながっている左手の薬指には愛のパワーが流れていると信じられていた、古代エジプトの言い伝えからきているようです。
日本で広く用いられるようになったのは、明治時代の頃とされています。
婚約は法的に定められたルールではないですが、指輪は約束を証明するためにあると考えられています。
婚約指輪は、どんな宝石が選ばれるのかと言うと、ダイヤモンドが多いといわれています。
ダイヤモンドは、硬い石であることから固い絆で結ばれる、無色透明なので純真無垢で花嫁にふさわしい、という理由から広く用いられていますが、他の宝石を贈る方もいます。
またダイヤモンドは、近年では立て爪タイプの他、誕生石などを使用した婚約指輪もあり、デザインも多様化しています。

婚約指輪とサイズの変化について

婚約指輪を購入する際に、慎重に考えるべきことはデザインだけではありません。
どうしても、ダイヤの大きさやデザインばかりにこだわりがちな婚約指輪ですが、適切ではないサイズのものを購入してしまうと後々後悔することになってしまいます。
女性は妊娠や出産などにより体型の変化がしやすいため、指のサイズもその際に変化することが予想されます。
そのため、購入するさいには後々サイズ変更が可能かどうかを確認すると良いでしょう。
また、一つ注意するべきなのは、大きいものを選んでおけばずっと使えるだろうという考えです。
大きめのサイズを選ぶと、外れやすくなってしまったり、重いものを持ったときに歪みが生じてしまう原因となります。
そのため、大きめにしておけばいいというものでもないのです。
婚約指輪を購入するときは、現在の指に合わせた大きさを選ぶよう心がけ、指の大きさが変わったときにその都度調整してもらうようにするとよいでしょう。